アウェアデートDV 防止プログラム・ファシリテーター全国ネットワーク

北海道野幌高校のみなさんに届けてきました

北海道野幌高校(江別市)の1年生約120人に9月28日(水)、「お互いの心と体を大切にするために〜デートDV編」として講座を届けてきました。デートDVの暴力へ気づきを促す事例紹介から、暴力が起きる要因をジェンダーの期待と縛りを中心に説明し、防ぐための具体的対応として対等・尊重のロールプレイにつなげていきました。生徒の皆さんは終始、私たちからの問いかけにしっかり反応を返してくれ、挙手をして意見を述べてくれた生徒さんもいて大変嬉しく思いました。同校で受け入れ体制を整えてくださる養護の先生は毎年、私たちの資料を基に重要点を網羅した「保健便り」を作成してくれます。これがいつも非常に読みやすくてデザインも秀逸!上下のない対等・尊重の関係づくりが恋愛関係だけでなく、広く人間関係にも大切だということが伝わる内容で、講座を支えてくれるものになっています。事前学習の実施も含め、野幌高校の先生方のデートDV防止への深い理解と協力に感謝しています。

NPOピーチハウス


北海道倶知安高等学校 2年生 121名のみなさんに届けてきました

9月27日(火)北海道倶知安高等学校2年生121名のみなさんに、
今回は、イヴ・サンローラン・ボーデ(YSL BEAUTY)『ABUSE IS NOT LOVE』(『暴力は愛じゃない』)の支援を受けデートDV防止教育講座を届けてきました。
「誰一人として暴力の加害者にも被害者にもなってほしくない」と願い、学校の先生と生徒さんにご協力いただき、6つのロールプレイを実施しました。
暴力に気づく、「~らしさ」に縛られていることに気づく、そして、対等尊重のある関係性があることを知ることが暴力の予防になる。北海道の抜けるような青空をみながら、暴力のない社会を願って帰路つきました。
学校のHPに様子が掲載されています。
http://www.kutchan.hokkaido-c.ed.jp/index.php?key=jolgsf51l-373#_373

NPOピーチハウス 齋藤 寛子 吉裕子


札幌市立手稲中学校のみなさんに届けてきました

2022年9月20日(火)、札幌市立手稲中学校の3年生のみなさん 約215名の皆さんにデートDV防止教育講座を届けて参りました。

体育館での対面形式で実施しました。
約50分の時間の中で
先生方に参加いただくロールプレイと、動画やスライドを合わせて
対等で尊重のある関係性や、ジェンダーバイアス・暴力容認の意識について、一緒に考えていきました。
ピーチハウスの講座では、スライドやロールプレイだけでなく、なるべく印象に残るように、また単調にならない工夫として大きめのグッズを使います。
今回も大活躍でした。

駆け足での講座展開でしたが
来年春には中学を卒業し、新しい生活を送る皆さんにとって
ジェンダーにとらわれず、自分らしさを意識して日々を過ごしてほしいと願います。

NPOピーチハウス
齋藤寛子・渋谷容子


生駒市教職員のみなさんに

2022.8.5 生駒市教職員研修の講座、「互いに尊重する関係をつくりあうために~デートDV防止教育を知る~」を届けました。

コロナの感染者の増加が続いている中、今年度も対面形式の講座を実施できて、直接先生方とお話できたことは本当に良かったと思います。

文科省の生命(いのち)の安全教育や、コロナ禍での現状、成人年齢の18歳引き下げについてもお伝えしながら、参画ネットならが実施している中学生対象の講座を体験していただきました。デートDV防止教育は、人権教育であり、ジェンダー平等教育であることをお伝えしました。事後アンケートでも子どもたちに必要な教育だ、保護者にも聞いてほしい等のご意見をいただきました。

準備してくださった生駒市男女共同参画プラザの皆様、参加してくださった先生方、本当にありがとうございました。

参画ネットなら


奈良学園登美ヶ丘高等学校 2年生 127名のみなさんに 届けてきました

2022.7.29 今年度、奈良県のDV予防啓発事業校に選ばれた学校で、初めての講座は奈良学園登美ヶ丘高校でした。打ち合わせにも奈良県女性活躍推進課の担当の方が参加してくださり、今日は講座を見学に来てくださいました。

 

奈良学園登美ヶ丘高校では毎年、夏休み前に2年生の生徒さんに出前授業の時間をとってくださっています。コロナ感染対策のためドアなどを開けた環境での授業でしたが、みなさん集中して話を聞き、資料に書きこみをしていました。90分授業なので、ロールプレイを2つ入れることができました。演劇部の男子生徒さんと女性の先生でしたが、2組ともしっかりと演じてくださり、最初緊張していた教室は拍手が起こり、温かい雰囲気の中で、大いに盛り上がりました。ステキななかまと尊重しあう関係を築きながら、学校生活を送っていってください。

 

PC機器の準備等でいろいろとお世話になりました担当の先生、「大切な授業だと思っています」と声をかけにきてくださった校長先生、一緒に聞いてくださった学年の先生方、そして熱心に参加してくださった生徒のみなさん、ありがとうございました。

 

 

参画ネットなら


札幌市立中央中学校のみなさんに届けてきました

2022年7月21日(木)、
札幌市立中央中学校の3年生 146名の皆さんにデートDV防止教育講座を届けて参りました。
体育館での対面式で
約50分の時間の中に、先生方にご協力いただくロールプレイと、動画やスライドを合わせて
対等で尊重のある関係性や、ジェンダーバイアス・暴力容認の意識について、一緒に考えていきました。
はじめから終わりまで、全員がまっすぐと前を向いて集中して聞いてくれました。

 

まとめに入る前に
「二人が納得していたら上下関係があってもいいんじゃないか」という問いかけに
デートDVを未然に防ぐという立場に立ったとき、どう答えるかを考えてもらいました。
前後左右のクラスメイトと真剣に話す様子がとても頼もしく感じました。
そして、ピーチハウスからは「事実を二つ」お伝えしました。

 

講座終了後、学年主任の先生から
「交際している二人の関係だけでなく、いろいろな関係に置き換えて考えられた、講座を聞けて良かった」と、
とても嬉しく励みになる感想をいただきました。

 

 

 

NPOピーチハウス
齋藤寛子
佐藤千鶴


札幌市立北辰中学校のみなさんに届けてきました

2022年7月19日(火)、
札幌市立北辰中学校の全校生徒 約570名の皆さんにデートDV防止教育講座を届けて参りました。

 

2年生の皆さんは体育館での対面で
1年生と3年生の皆さんは各教室からモニターごしにご参加いただきました。

 

約45分の時間の中で
先生方に参加いただくロールプレイと、動画やスライドを合わせて
対等で尊重のある関係性や、ジェンダーバイアス・暴力容認の意識について、一緒に考えていきました。

 

駆け足での講座展開でしたが
何よりも全学年と多くの先生たちが一緒にデートDV・力と支配の関係性について
同じ内容と時間を共有していただけたことが貴重だと思いました。
学校全体の「力」になると嬉しいです。

 

 

NPOピーチハウス

齋藤寛子

長島 香


「私学助成をすすめる会」のみなさんに届けてきました

2022.7.18夏休み目前です。

 

今日は、「私学助成をすすめる会」の「近畿すすめる会学習交流会」に呼んでいただき、「デートDVを知っていますか? DVとは親密な関係の間に起こるジェンダーを背景にした暴力」というタイトルで、お話させていただきました。

 

「私学助成をすすめる会」とは、私立学校の授業料無償化実現や奨学金制度の拡充など、公私間の格差是正をめざし、先生方や保護者、生徒のみなさんが活動している会です。

 

今日はドーンセンターのセミナー室とzoomでもたくさんのみなさんが参加され、子どもたちをとりまくデートDVや、その背景にあるジェンダーについて学んでくださいました。

ロールプレイは、じゅんちゃんとこうちゃんが、さわやかかつリアルに、今どきのカップルを演じてくださいました。

子どもたちを被害者にも、加害者にも、傍観者にもさせないために、まず大人が、対等で尊重のある関係を作っていけたらいいですね。

 

今日は呼んでいただき、本当にありがとうございました😊

参画ネットなら


札幌大谷高等学校のみなさんに届けてきました

2022年7月15日(金)、札幌大谷高等学校 2年生 約290名の皆さんにデートDV防止教育講座を届けて参りました。
今回は対面の実施で、90分の時間をいただき、デートDV未然防止の大切さについてお伝えしてきました。
生徒さんや先生にご協力いただいたロールプレイでは、DV/デートDVにある力と支配の関係と、対等・尊重の関係にあるカップルや友だちの会話について考えました。
様々な事例や背景を知ることは、いまの自分のため、友だちのため、将来のためになります。
お話を聞いていただきありがとうございました!

NPOピーチハウス


北海道札幌北陵高等学校のみなさんに届けてきました

2022年7月13日(水)、北海道札幌北陵高等学校 2年生 約280名の皆さんにデートDV防止教育講座を届けて参りました。

体育館での対面で80分の時間をいただき、フルバージョンでお伝えすることができました。

生徒さんに参加いただくロールプレイ3つ、先生方に参加いただくロールプレイ1つ、ファシリテーターによるロールプレイ1つに動画やスライドを合わせて対等で尊重のある関係性や、ジェンダーバイアス・暴力容認の意識について、一緒に考えていきました。

とても暑い中でしたが、みなさんとても集中して耳を傾けてくれました。

そして、嬉しい再会もありました。校長先生と保健室の先生がそれぞれ札幌市外の高校に在職されていたときにデートDV防止教育講座の実施でお伺いし、ご挨拶していた先生たちでした。

このようにデートDV防止教育を通して繋がりが増えていくことは心強く、また励みになります。

 

NPOピーチハウス


ページトップへ戻る